仮想通貨 メリットとリスク

仮想通貨と株

専門家の間では将来的に現金がなくなり、仮想通貨で物の売買がおこなわれると言われています。
仮想通貨における世間での注目度も高く、若い世代を中心に少ない資金から投資を始めているとも聞きます。

 

それでは、「株式投資と仮想通貨取引」は一体何が違うのでしょうか?
株式投資経験者が投資先の1つとして仮想通貨を選ぶ場合、以下の違いがあります。
知らないで始めてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれたり、大きな損失を被る可能性がありますので、注意してください。

  • 株式投資と違って仮想通貨はいつでも取引できる
  • 株を上回る仮想通貨のレバレッジ
  • 仮想通貨の取引対象コインは大半が“低位株”
  • 仮想通貨取引には値幅制限が設定されていない
  • 仮想通貨を長期間を保有しても配当金は貰えない

それでも将来性と夢がある仮想通貨市場

将来性と夢がある仮想通貨市場

仮想通貨の代名詞と言えば「ビットコイン」ですが、それ以外に2018年1月時点で1500種類以上の仮想通貨が存在し、取引することが可能です。
2017年1月時点では、取引コインが700種類程度だったため、1年間での増加量は約2倍になります。

 

株式市場でもIPO銘柄が毎月いくつか新規上場していますが、仮想通貨の増加量と比較すれば圧倒的に少ないと言えるでしょう。
それだけ、仮想通貨市場は将来性を含んだマーケットであり、今後も飛躍的に活性化する可能性を秘めているわけです。

 

また、株式投資では満足する利益を得られなかった人でも、仮想通貨なら思わぬ結果が待っているかもしれません。
なぜなら、成熟した株式市場には何十年も株式投資を続けているトレーダー、自動売買ツールを利用したトレーダー、資金量の豊富な投資機関や外資系投資銀行が参加しているからです。

 

それに対して、仮想通貨では過去のチャートから値動きを読み解くことは困難であり、確立された手法もまだありません。
しかも、株式市場よりも資金流入量が少ないため、投資グループからの影響も受けにくいのです。
ですから、株式投資で培ってきた経験を活かせれば、あなたが仮想通貨で大きく利益を得る夢を描くことも可能だと言えます。